Category:経済・経営・ビジネス 紹介店舗:仲見世本店
センスメイキング
著者:クリスチャン・マスビアウ/著 斎藤栄一郎/訳 出版社:プレジデント社
Amazon、グーグル、フェイスブックなど西海岸企業が大手を振る中、人文系、社会科学系のいわゆる「文系」に旗色が悪い。理系優位の時代に転換したのか。 それは違う。P&G、アメックス、ディズニー、HP、米財務省長官などの本当に成功しているリーダーは、ほぼ人文科学を専攻している。つまり教養が不可欠なのだ。 話題のデータサイエンティストはただの兵隊で、アルゴリズム時代になってもエリートは「深い知性」を求められることに変わりはない。文化への深い洞察力、直感力は「文系」が得意とする領域だ。人文科学に根ざした実践的な知の技法を「センスメイキング」となづけ、ビジネス領域でそれを使うための方法を伝授する!
紹介日:2019年04月02日(火)
Category:文庫 紹介店舗:仲見世本店
ザ・プロフェッサー
著者:ロバート・ベイリー/著 吉野弘人/訳 出版社:小学館
法と正義、師弟愛を描く胸アツ法廷エンタメ アラバマ大学ロースクールの老教授トム。学生時代に同大フットボール部で全米チャンピオンとなり、卒業後は弁護士となるも恩師の導きで再びこの大学で教鞭を執り、法学者として順風満帆な人生を過ごしてきた。しかし今は愛する妻を失い、友人の裏切りから不名誉な形で職を追われ、自身も癌を患っていた。絶望の中、彼の前に現れたのはかつての恋人。娘夫妻と孫を大手運送会社のトラック事故で失った彼女は、トムに「法廷で真相を知りたい」という。ある確執から絶縁状態にあった教え子の新米弁護士リックを適任と感じた彼は、弁護の橋渡しをし自分は故郷に身を隠すが、被告である運送会社の隠蔽工作は裁判を予想外の方向へ導き……。 真実と悪、師弟愛、スポーツと友情……挫折を繰り返しながらも最後まで「正義」を諦めない登場人物たちの矜持に胸が熱くなる、痛快法廷エンタテインメント!
紹介日:2019年04月02日(火)
Category:文芸・芸術 紹介店舗:仲見世本店
わたし、定時で帰ります。ハイパー
著者:朱野 帰子 出版社:新潮社
2019年4月スタート 毎週火曜よる10:00〜
火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の続編が早くも登場!
結衣さん、がんばれ! 

2019年3月末発売予定。
定時の女王は体育会系ブラック企業に勝てるのか!? 大注目のお仕事小説第二弾。絶対に残業しない主義の結衣だったが、なんと管理職になってしまう。新人教育を任されたものの、個性的過ぎる若者たちに翻弄される結衣。そんな折、差別的なCMで炎上中の企業のコンペに参加することに。パワハラ、セクハラのはびこる前時代的で超絶ブラックな社風に、結衣は絶句するが……。
紹介日:2019年03月08日(金)
Category:文芸・芸術 紹介店舗:仲見世本店
麦本三歩の好きなもの
著者:住野よる 出版社:幻冬舎
『君の膵臓をたべたい』の住野よる史上いちばんキュートな主人公、登場! 「朝寝坊、チーズ蒸しパン、そして本。好きなものがたくさんあるから、毎日はきっと楽しい」図書館勤務の20代女子、麦本三歩のなにげなく愛おしい日々を描いた傑作日常小説
紹介日:2019年03月08日(金)
Category:エンターテイメント 紹介店舗:仲見世本店
3月11日発売! 心底惚れた−樹木希林の異性懇談
著者:樹木希林 出版社:中央公論新社
1976年、『婦人公論』で1年間続けられた樹木希林唯一の連続対談「異性懇談」。ゲストの渥美清、中村勘三郎、いかりや長介、つかこうへいらから際どい話を引き出す手腕は感歎するほかない。対談それぞれの末尾に付された本人の「一言」欄における洞察も深く、凄い。まさに、解説の武田砂鉄氏が言うように「樹木希林は30代で完成されていた」のだ!
紹介日:2019年02月24日(日)
Category:新書・選書 紹介店舗:仲見世本店
一切なりゆき 樹木希林のことば
著者:樹木希林 出版社:文藝春秋
プレゼントに最適!

今年、惜しくも世を去った名女優が語り尽くした生と死、演技、男と女。それはユーモアと洞察に満ちた樹木流生き方のエッセンスです。
紹介日:2018年12月23日(日)
Category:新書・選書 紹介店舗:仲見世本店
国家と教養
著者:藤原正彦 出版社:新潮社
「教養」とは、世の中に溢れるいくつもの正しい「論理」の中から最適なものを選び出す「直感力」、そして「大局観」を与えてくれる力だ。では教養を身につけるためにはどうしたら良いのか。教養の歴史を概観し、その効用と限界を明らかにしつつ、数学者らしい独創的な視点で「現代に相応しい教養」のあり方を提言する。大ベストセラー『国家の品格』の著者が放つ画期的教養論。
紹介日:2018年12月15日(土)
Category:文芸・芸術 紹介店舗:仲見世本店
日本国紀
著者:百田尚樹 出版社:幻冬舎
2018年11月13日発売予定・予約受付中!


私たちは何者なのか――。   神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、 独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。 本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である!   当代一のストーリーテラーが、 平成最後の年に送り出す、日本通史の決定版!
紹介日:2018年11月02日(金)
Category:新書・選書 紹介店舗:仲見世本店
日本が売られる
著者:堤 未果 (ツツミ ミカ) 出版社:幻冬舎
水と安全はタダ同然、医療と介護は世界トップ。そんな日本に今、とんでもない魔の手が伸びているのを知っているだろうか? 法律が次々と変えられ、米国や中国、EUなどのハゲタカどもが、我々の資産を買いあさっている。水や米、海や森や農地、国民皆保険に公教育に食の安全に個人情報など、日本が誇る貴重な資産に値札がつけられ、叩き売りされているのだ。マスコミが報道しない衝撃の舞台裏と反撃の戦略を、気鋭の国際ジャーナリストが、緻密な現場取材と膨大な資料をもとに暴き出す!
紹介日:2018年11月02日(金)
Category:教養・人文・教育 紹介店舗:仲見世本店
『[ホモ・デウス』 上・下
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 出版社:河出書房新社
人類はどこへむかうのか。不死と幸福、神性を目指し、「ホモ・デウス(神のヒト)」へと自らをアップグレードする!   世界的ベストセラー「サピエンス全史」では、人類が文明を築き、世界を征服した鍵は虚構を集団で信じるホモ・サピエンスの能力にあることを解き明かした。新著「ホモ・デウス」では、未来においてこれらの虚構が人工知能や遺伝子工学といったテクノロジーと合体したとき、人類は何を求め、何のために生きるのか、そして世界に何が起きるのかを問う!

紹介日:2018年09月23日(日)
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>