2020年7月28日 ラジオ ボイス・キューさん でご紹介させていただきました。 直木賞受賞作『少年と犬』
掲載日:2020年07月28日(火) 担当店舗:仲見世本店
ボイス・キュー http://777fm.com/
ukiukiワイド ももいろクラブ ・パーソナリティ・安藤晴美さん
毎週火曜日 14:00
ukiukiブックランキングにてご紹介させていただきました。



少年と犬

馳星周/著

文藝春秋
1,760円
ISBN 978-4-16-391204-2
2020年5月 文芸/日本文学/文学 男性作家


文学賞情報

2020年 第163回 直木賞受賞


家族のために犯罪に手を染めた男。拾った犬は男の守り神になった―男と犬。仲間割れを起こした窃盗団の男は、守り神の犬を連れて故国を目指す―泥棒と犬。壊れかけた夫婦は、その犬をそれぞれ別の名前で呼んでいた―夫婦と犬。体を売って男に貢ぐ女。どん底の人生で女に温もりを与えたのは犬だった―娼婦と犬。老猟師の死期を知っていたかのように、その犬はやってきた―老人と犬。震災のショックで心を閉ざした少年は、その犬を見て微笑んだ―少年と犬。犬を愛する人に贈る感涙作。
吉川弘文館 新刊『東海の名城を歩く 静岡編』 遂に発売!
掲載日:2020年07月25日(土) 担当店舗:仲見世本店
今川・後北条・武田・徳川ら、群雄が割拠した往時を偲ばせる石垣や曲輪(くるわ)が訪れる者を魅了する。静岡県内から精選した名城60を、西部・中部・東部の三地域に分け、豊富な図版を交えながらわかりやすく紹介する。詳細かつ正確な解説とデータは城探訪に最適。最新の発掘成果に文献による裏付けを加えた、好評の名城を歩くシリーズ東海編完結。



東海の名城を歩く 静岡編

中井均/編 加藤理文/編

出版社名 吉川弘文館
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-642-08365-2
(4-642-08365-0)
税込価格 2,750円
頁数・縦 279P 21cm
シリーズ名 東海の名城を歩く


刊行のことば…中井 均・加藤理文/静岡の城の歴史と特徴…加藤理文/静岡県地区別 名城マップ/西部(宇津山城/浜松城/千頭峯城/佐久城/井伊谷城/三岳城/大平城/二俣城/鳥羽山城/中尾生城/Iヶ城/高根城/堀の内の城山/犬居城/社山城/久野城/岡崎の城山/馬伏塚城/真田山城/天方城/飯田城/掛川城/横須賀城/高天神城/小笠山砦と砦群/横地城/八幡平城(新野古城))/中部(勝間田城/滝境城/相良城/小山城/小長谷城/諏訪原城/花倉城(葉梨城)/朝日山城/田中城/小川城/駿府城/丸子城/持舟城/久能山城/江尻城/横山城/小島陣屋跡/蒲原城)/東部(興国寺城/長浜城/山中城/葛山城/深沢城/長久保城/戸倉城/足柄城/韮山城・上山田城/柏久保城/狩野城/大見城/鎌田城/河津城/下田城)/お城アラカルト(移築現存する城郭建築/整備復元された城跡/伝説を裏付けた大河内石窟/再び日の目を見た国内最大の天守台〈駿府城〉/都市化で消えた近世城郭─三枚橋城)
河出書房新社『ツタンカーメン黄金の秘宝』遂に発売!
掲載日:2020年07月25日(土) 担当店舗:仲見世本店
エジプトの「王家の谷」において、1922年、イギリスの考古学者ハワード・カーターにより発見がなされた少年王・ツタンカーメンの墓より発掘された秘宝約200点を、圧倒的な迫力の写真約300点で展開。



ツタンカーメン黄金の秘宝

ザヒ・ハワス/著 サンドロ・ヴァニーニ/写真 大城道則/日本語監修・訳 遠藤颯馬/訳

河出書房新社
6,490円
2020年7月 人文/歴史/考古学一般


掲載秘宝約200点、写真総数約300点。ページをめくるたびに次々と現れる人類史上屈指の宝物群を、世界最高レベルの美しいビジュアルで堪能できる究極の一冊! 発掘時の興奮を追体験。

エジプトの「王家の谷」において、1922年、イギリスの考古学者ハワード・カーターにより発見がなされた少年王・ツタンカーメンの墓より発掘された秘宝約200点を、圧倒的な迫力の写真約300点で展開。

遺物の全体像はもちろん、博物館でもなかなか見ることができない精密な装飾など、細部写真も多数掲載。

今後、エジプトより門外不出となるといわれている人類史上屈指の宝物群を、世界最高レベルの美しいビジュアルで堪能できる究極の一冊! 

ページをめくるたびに、発掘時の興奮を追体験できます。


2020年第163回 芥川龍之介賞受賞作 『首里の馬』入荷いたしました!
掲載日:2020年07月23日(木) 担当店舗:仲見世本店
お待たせいたしました!
マルサン書店全店に入荷しております。
売れ行き好調の為お早めにお求めくださいませ。
次回入荷予定:未定



首里の馬

高山羽根子/著

新潮社
1,375円
ISBN 978-4-10-353381-8
2020年7月 文芸/日本文学/文学 女性作家

沖縄の古びた郷土資料館に眠る数多の記録。中学生の頃から資料の整理を手伝っている未名子は、世界の果ての遠く隔たった場所にいるひとたちにオンライン通話でクイズを出題するオペレーターの仕事をしていた。ある台風の夜、幻の宮古馬が庭に迷いこんできて……。世界が変貌し続ける今、しずかな祈りが切実に胸にせまる感動作。<第163回 芥川龍之介賞>
2020年 第163回 直木賞受賞作 『少年と犬』 入荷いたしました!
掲載日:2020年07月23日(木) 担当店舗:仲見世本店
お待たせいたしました!
マルサン書店全店に入荷しております。
売れ行き好調の為お早めにお求めくださいませ。
次回入荷予定:220年8月上旬



少年と犬

馳星周/著

文藝春秋
1,760円
ISBN 978-4-16-391204-2
2020年5月 文芸/日本文学/文学 男性作家

傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾う。多聞という名らしいその犬は賢く、和正はすぐに魅了された。その直後、和正はさらにギャラのいい窃盗団の運転手役の仕事を依頼され、金のために引き受けることに。そして多聞を同行させると仕事はうまくいき、多聞は和正の「守り神」になった。だが、多聞はいつもなぜか南の方角に顔を向けていた。多聞は何を求め、どこに行こうとしているのか……犬を愛するすべての人に捧げる感涙作!
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 >>